2017.07.06 小梅姉さん
昨夜、愛犬友だちの小梅姉さんが、
亡くなりました。
昨夜、ゴマのバースデーのこのブログをupした直後の、
時間だったようです。

ゴマの誕生日が、
小梅の命日になります。
一瞬、ドキッとしましたが、
決して悪いことではなく、
何か特別なご縁というものを感じます。

そして7月5日は「命の日」として、
僕の中で大切にしていこうと思う。

小梅は、我が家の愛犬と同じボストンテリアの女の子。
昨年の12月に、12歳になりました。
ちょうどそのことを、ブログに書いていました。

先週末から急に体調を崩し、
かなり危険な状態が続いていました。
妻も心配して、それから毎日通っていました。

僕も、娘と妻と今週の月曜日にお見舞いに行ってきました。
ドクターからは、その日が山だと言われていたそうです。
結局は、僕はその日が小梅に会った最後になってしまいました。

何日も食べられない日が続き、
大きくなった腫瘍が痛々しく・・
意識も朦朧となりながらも、
よく頑張りました。
本当に、強い子だなと、改めて思いました。

飼い主の母さんは仕事もしながらで・・
どうしようもできない状況で、
とっても辛い状態だったと思います。

ご実家から飼い主のお母様がきてくださったようで、
その翌日に、小梅は亡くなりました。

痛々しい小梅の姿を、お母様に見せたくないという、
親を思う気持ち。
とてもよく理解できます。

でも、もしかしたら小梅は・・
お世話になったお母様のことも待っていたのかもしれません。
いらしてくださり、
きっと・・
小梅も安心したのではないだろうか。

最期は一番そばにいてほしい人たちに見守られ、
きっと・・
穏やかに旅立って逝ったのではないだろうか。

僕たちの同じ犬種では、
定期的に集まって遊んでいます。
小梅もたくさんの友だちができたようで、
母さんと楽しい思い出をたくさん作り・・
とても豊かな生涯だったのではないだろうか。

確かに、大きな病気も度々し、
大手術も乗り越えてきました。
辛いことも人一倍に経験したことでしょう。

楽しい時も辛い時も、
いつも、
優しい母さんがそばにいてくれました。

間違いなく・・・
小梅は、幸せだったと思う。

四苦八苦という8つの苦の中に、
「愛別離苦」があります。

愛している人と、離れなければならない苦しみです。
絶対に離れたくない人とでさえ、
いつかは、どうしても、必ず・・
離れる時がやってくる。

そういう苦を、
私たち人間や犬も運命として背負いながら、
日々を懸命に生きています。

この世に生を受けたということは、
きっと・・
そういうことなのかもしれません。

小梅姉さん、
穏やかに、安らかに・・

ありがとう。


合掌。


tani

PB
我が家の愛犬ゴマが、
本日めでたく2歳になりました。
僕はケーキを買って帰宅。
お祝いしてあげました。

IMG_2506_convert_20170705224357.jpg

椅子にじっと座るのはゴマには無理のようで・・
動き回ってすぐに椅子から降りるし、
写真をまともに撮らせてくれません。

そこで、娘に抱きかかえられながら、
無事に撮影です。

IMG_2507_convert_20170705224504.jpg

まだまだやんちゃなゴマは、
やはり家族の中心です。
姉犬プチョにたまに怒られながらも、
最近はめげずにたまに反抗します。

IMG_2512_convert_20170705224435.jpg

この子たちには、
私たち家族がどれだけ元気と癒しをもらっていることか。
とても感謝しています。

プチョは6歳で、だんだんと白い毛も増えてきました。
毎日飲んでる薬の影響もあることとは思いますが、
少しでも長く、こうして一緒に暮らせたら良いなと願っています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴマ!
2歳の誕生日、おめでとう!!
いつも家族を笑顔にしてくれてありがとう。

思えばファクトリーのペットショップでゴマに一目惚れし、
妻や娘にサプライズで、家族に迎えることを決めました。
すっごくびっくりして喜んでくれたよね。
ママなんか、嬉しくて泣いてたよ。
(苦笑)

いつのまにかトイレも覚えたし、
待て!もきちっと(?)できるし・・
とてもお利口さんになったね。
まだまだやんちゃで良いんだよ。

これからも家族でいろんなところに行って、
楽しい思い出をたくさん作ろうね。

そうそう・・・
舌を出しながら寝るのは、
やめた方が良いと思う。
一応・・
女の子なんだから。
(苦笑)

いつもありがとう。


ゴマパパ

2017.07.04 MC30
数日前に、久しぶりにススキノへ行く機会がありました。
せっかく来たのだからと、友人のBarに立ち寄りました。
お店のオーナーとは30年来の友人。
お互いに、いろんな過去を知り尽くした友人でもあります。
(笑)

昔話に花が咲き、盛り上がります。
そして、お互いの近況報告も。

全く宣伝はしないお店なので、
お客さまは常連が中心です。

味のあるおしゃれな椅子に腰を掛け、
心地よいBGMをバックに美味しいワインを一口。
自分の家にいるような落ち着いた気持ちにさせてくれます。

このお店のもう一つの魅力は、
やっぱり音楽です。

IMG_2479_convert_20170704221323.jpg

僕はあまり詳しくはありませんが、
このパワーアンプは、
知る人ぞ知る「Mcintosh MC30」という貴重なアンプ。
古いレコードを、
拘りのスピーカーから流れる良い音で楽しめます。

ここに来ると、
ついつい・・・
飲み過ぎちゃうんだよな。
(苦笑)


tani


2017.07.02 テーマ
僕が所属している中小企業経営者の会があり、
その会では、会員企業の社員が参加できる学びの場があります。
月に1度集まって、約1年間それぞれのテーマで学び合います。

その学びの会では1泊研修をしていて、
今年の基調講演を頼まれてしまいました。

約1ヶ月後ではありますが、
今月と来月の週末はほぼ予定が埋まっており・・
今日は、話すテーマを考えていました。
(汗)

話す相手が同じ経営者とかCUDの話なら、
それなりに経験もあるのでさほど悩まなくても良いのですが、
今回は、別な会社の社員の方々が対象です。
ちょっと、考え込んでしまいました。

そこで、思い出したのは、
京セラの創業者、稲盛和夫氏の次の言葉でした。

「考え方、熱意、能力の乗じたものが、
人生や仕事の結果に繋がる」

能力はそれぞれに異なり、内容や個人によって様々です。
でも、考え方や情熱は、
つまり心の持ち方ですよね。

社会人として・・
そしてひとりの人間としての心の持ちようを、
僕なりの経験を交えながら話をしようと思う。

そこで、考えたテーマ。

●考える前に、動く習慣
●面倒なことを、心を込めて
●コミュ力
●前と上を向いて
●人間力を、磨く
●日々に、感謝して

こういうことを、
自分にも言い聞かせつつ・・
僕の言葉で伝えたいと思う。


tani

豊田真由子衆議院議員の暴言と暴行を録音した音声が、
連日何度も何度もテレビで流れます。
もう、やめてほしい。

離島届けを提出してはいるが、
とっとと厳重な思い処分をしてあの音声を流すのはやめにしてほしい。

一般の多くの人は、
すっごく腹が立っているしいい加減にしろと感じていると思います。
でも、それではすまない人たちがいます。

過去に、身内や他の相手に暴言や暴行を受け、
心に深く傷を負っている人たちです。
彼ら彼女らは、
豊田氏のあの聞くに耐えられない音声が流れる度に、
耳を塞いでいるのではないだろうか。

僕の知人は、フラッシュバックして・・
頼むから、何度もあの罵声はもう聴きたくない。
そう、おっしゃっている方もいます。
実際に、辛い過去がある方です。

高速道路を確かに間違ったのかもしれません。
でも、今回の暴言暴行が初めてではないことは誰の目にも明らか。
だから、録音もしたのでしょう。

素晴らしい経歴の落ち主だとか。
もう、関係ないですよね。
むしろ、その経歴が招いた事件と言っても嘘ではないと思う。

豊田氏には小学生からやり直してもらい、
人間の勉強を徹底して叩き込むしか再生の道はないのでは。

そしてもう、
あの音声を流すのは、
一刻も早くやめにしてもらいたい。


tani

2017.06.28 コミュ力
「コミュ力」という言葉をご存知ですか?
最後はカタカナの「カ」ではなく、
漢字の力(チカラ)の方を書きます。
コミュニケーション能力の、略だそうです。
先日の新聞のあるコラムで紹介されていました。

企業側が、新卒者に求める能力のトップが、
コミュニケーション能力だそうです。
この「コミュ力」に対する捉え方が、
学生と企業側で大きく違いがあるそうです。

学生は、他の人たちと会話が上手にできる能力を、
「コミュ力」が高いと感じているようです。
一方、企業側が求める「コミュ力」は、
相手の話を理解して自分の意見を適切に説明し、
もしそこに違いがあれば、
話し合ってその溝を埋められる能力をさすそうです。

なるほど・・と思いました。

話をするのが苦手な人がいますが、
そういう人はみんな「コミュ力」が低いかと言えば、
決してそうではありません。

ペラペラと流暢に話をする人だけが、
コミュニケーション能力が高いとも言えません。

大切なことは、
自分の気持ちを相手に伝えることですよね。
言葉少なくても、
気持ちは十分に伝えることができるものです。

言葉数が少ないからこそ、
その言葉に力と説得力も出るように思います。

普段は、聞き役に。
ここぞという時には、自分の意見をきっちり伝える。
そう、メリハリのある言葉の使い方も、
とても大切なように感じます。

意思をきちっと伝える際には、
決して我を通すのではありません。
自分の気持ちを伝えると同時に、
相手の気持ちも理解しようと心がける。

そういうお互いの歩み寄りが、
すごく重要なのかもしれません。


tani

2017.06.26 初挑戦
PB
娘が知人のスタイリストさんに頼まれ、
ヘアメイクのモデルに初挑戦しました。

ヘアメイクのコンテストで、
札幌のチカホでも写真が展示されていました。
WEB投票があり、もちろん僕も投票です。

数ヶ月前から練習もし、
本番の撮影に挑みました。
お陰様で、とっても綺麗に撮って下さいました。

IMG_2458_convert_20170626220313.jpg

100作品以上が出展していましたが、
選ばれると、
知人のスタイリストさんは名誉ある賞をいただけるようです。

お世辞抜きで・・・
結構いい感じだと思いました。

投票は今日まで。
あとは、天にお任せです。

今回の経験で、普段の娘とは違う一面を見ることができ、
僕たち家族にとっても、貴重な機会になりました。
お声をかけていただいたRちゃん、
本当に、ありがとう。

今回のことをFacebookでupしたら、
たくさんの人が応援してくれました。
中には、展示してある写真の写メをプリントして、
わざわざ会社まで届けてくださった方もいました。

何より嬉しかったのは、
娘がすごく喜んでいたこと。
きっと・・・
忘れられない大切な経験と想い出になったと思う。

良かったね!
M!


tani


> /body>