林住期ということばをご存知でしょうか。
これは古代インドで生まれた四住期のひとつで、
人生を四つの期間に区切って考える思想です。

「学生期」(がくしょうき)
「家住期」(かじゅうき)
「林住期」(りんじゅうき)
「遊行期」(ゆうぎょうき)
この4つに分かれます。

今の私たちは、人生100歳時代が目前です。
仮に人生100年と考えると、
生まれてから25歳までが「学生期」で、50歳までが「家住期」。
75歳までが「林住期」で100歳までが「遊行期」となります。

作家の五木寛之氏は、著書「林住期」で、
50歳から75歳にあたる「林住期」の大切さを述べています。

今までは、どちらかというと25歳くらいまでが、
人生の黄金期のような風潮がありました。
50歳になったら、そろそろ定年を意識して、
60歳で長年勤めてきた仕事を引退し、
第二の人生を・・というイメージがありました。

でも、五木氏は「林住期」こそ人生の黄金期であり、
自分の為に時間を使おうと言います。
五木氏の言うことは、確かにd理想かもしれません。
でも現実的には難しい問題も多々あります。
それを承知の上で、そう意識をしていこうと著者は述べています。

僕なりに、色々考えました。

25歳までは、学生時代を経験し社会人になったころ。
ようやく、大人の仲間入りしたところでしょうか。
それからの50歳までは、
とにかく猛烈に仕事をする時期。
この期間に、結婚をして家族を持ったり、
仕事でも、自分のやりがいを感じたりする時期でもあります。

50歳から75歳は、他の人たちに迷惑をかけないで、
元気に穏やかに暮らしていけたらな・・って感じてしまいました。
一方で、五木氏の言うように、
今までは自分のことをさておいてでも懸命に頑張ってきたのだから、
今度は、自分の為に時間を使うという考えも理解できます。

「林住期」からは生きる為に働くのではなく、
自分の為に、働く。
こういう考え方も、ありなのかもしれません。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://marks123.blog75.fc2.com/tb.php/1796-b83e280e
> /body>