2017.06.28 コミュ力
「コミュ力」という言葉をご存知ですか?
最後はカタカナの「カ」ではなく、
漢字の力(チカラ)の方を書きます。
コミュニケーション能力の、略だそうです。
先日の新聞のあるコラムで紹介されていました。

企業側が、新卒者に求める能力のトップが、
コミュニケーション能力だそうです。
この「コミュ力」に対する捉え方が、
学生と企業側で大きく違いがあるそうです。

学生は、他の人たちと会話が上手にできる能力を、
「コミュ力」が高いと感じているようです。
一方、企業側が求める「コミュ力」は、
相手の話を理解して自分の意見を適切に説明し、
もしそこに違いがあれば、
話し合ってその溝を埋められる能力をさすそうです。

なるほど・・と思いました。

話をするのが苦手な人がいますが、
そういう人はみんな「コミュ力」が低いかと言えば、
決してそうではありません。

ペラペラと流暢に話をする人だけが、
コミュニケーション能力が高いとも言えません。

大切なことは、
自分の気持ちを相手に伝えることですよね。
言葉少なくても、
気持ちは十分に伝えることができるものです。

言葉数が少ないからこそ、
その言葉に力と説得力も出るように思います。

普段は、聞き役に。
ここぞという時には、自分の意見をきっちり伝える。
そう、メリハリのある言葉の使い方も、
とても大切なように感じます。

意思をきちっと伝える際には、
決して我を通すのではありません。
自分の気持ちを伝えると同時に、
相手の気持ちも理解しようと心がける。

そういうお互いの歩み寄りが、
すごく重要なのかもしれません。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://marks123.blog75.fc2.com/tb.php/1649-d61455bb
> /body>