2017.06.25 趣味の写真
PB
僕は写真が趣味で、プライベートで外出の際に、
たまに撮影をして楽しんでいます。
決して自慢できるレベルではありませんが、
自分の意図した撮影ができると、
やはり嬉しくなります。

以前はリバーサルフィルムでしたが、
今ではデジカメの一眼レフになってしまいました。

どちらもメリットとデメリットがありますが、
やはり、フィルムの方が1枚1枚に込める特別な思いが強く、
味がある写真になるような気がします。

リバーサルフィルムの場合、
フィルムを現像してライトテーブルで1枚1枚を確認し、
一番のお気に入りをプリントすることになります。

そのプリントの際に、
どうしても、若干の色の変化があります。
出来上がったプリントを吟味し、
少し赤味を強くとか青味を強くなどをラボに指示。
丁寧に手焼きして仕上げてもらいます。
この工程も、実はとても好きな作業でした。

デジタルに変わってからは、
どんな修正も簡単にパソコンでできるようになりました。
極端な話、色を全く変えたり、
あるものを削除したり合成したり・・
なんでも、ありの状況です。

でも、僕なりのこだわりというのがあって、
それは、一切、修正はしないということです。
ただ、フィルム時代からそうですが、
意図してフィルターは今でも使っています。

知れば知るほどカメラも奥が深く、
難しくもあり面白いな〜と思っています。

デジタルのプリントも、
フィルム同様に色の変化がおきます。
実際のデータ通りにプリントされることは、
まず無いと言っても過言ではありません。

なので、今でもテストプリントを依頼し、
実データと見比べて補正をしてもらうことにしています。

IMG_2469_convert_20170625164614.jpg

先日、頼んでいたテストプリントが出来上がって来ました。
じっくり確認し、意図した色をどう再現するかを検討。
本番環境のプリントを依頼しました。

出来上がってくるまでドキドキワクワクではありますが、
これは、デジタルに変わった今でも、
変わらない楽しみのひとつかな。


tani


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://marks123.blog75.fc2.com/tb.php/1647-f1ac9865
> /body>