当社のクライアントさんで、小樽のお土産屋さんがあります。
近年では隣に食堂もオープンし、とても繁盛しているお店です。

昨年、その社長から聞きましたが、
お店を売りたいという意向でした。
ところが、なかなか買い手が見つかりませんでした。

そのような中、ようやく、
手を上げてくれる人が出たようです。
お店は引き続き、後任の方が営業を続けます。
社長も奥さんも喜んでいました。
(買い手の方も、僕の知人なんですが)

今日、3月31日。
社長と奥さんは正式に、
お店の経営から退きました。

当社も長く本当にお世話になりました。
毎年恒例のお歳暮用パンフレットも、
とても楽しいお仕事でした。

昨日、僕は最後の挨拶を兼ねて、
そのお店を訪ねました。
久しぶりに、社長と奥さんと色々な話もできました。
もう、お会いすることもないかなと思うと、
すごく寂しさがこみ上げてきました。

その社長は、実は僕と同じ誕生日なんです。
(歳は違いますが)
そのようなこともあり、僕はすごく身近に感じていた方でした。

社長は69歳で、
そろそろ・・・
ゆっくりとした日々を過ごしたいという希望でした。

いつも豪快に笑う社長の優しい笑顔。
奥さんの、サバサバテキパキとした対応。
すごくお似合いのご夫婦でした。

K社長!
奥さん!
今まで本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

これからは、ゆっくりと、
ご自分たちの時間をお過ごしくださいませ。

お疲れさまでした。


tani

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://marks123.blog75.fc2.com/tb.php/1599-b5bd28c5
> /body>