昨夜は僕の所属する中小企業団体の会合でした。
今回のテーマは、経営指針。
この分野でとても成果をあげている会社の社長から、
どんなことを実践しているのかなど、
幅広く具体的にお話を伺いました。

その後、少人数に分かれてのグループ討論がありました。
討論テーマは、
「経営環境において妨げるものがなく、
思い通りに経営できたら、
どんな会社になりたいか」で話し合いました。

販路を世界に広げたいとか、
やりたい放題に傲慢経営になるとか。
色々な意見が出ました。

僕はほとんど考え込むことなく、
発表できましました。

「会社の観楓会や忘年会に、社員の家族を全員招待したい」
「社員に、もっと手厚く還元したい」
これは、いつも素直に僕が感じていることでした。

社員から不満の声を聞くことはありませんが、
決して、満足はしていないのではないかと思っています。
満足していたら、むしろ終わってますよね。

会社として地域や社会に貢献もしたいのはもちろんですが、
まずは、頑張ってくれた社員に、
還元してあげたいと思っています。

その一つが、
観楓会や忘年会に、
家族全員を招待したいのです。

同業者から羨まれるような会社を目指し、
日々取り組んで行かないとって、
昨夜は改めて感じました。


tani


> /body>