熊本地震から、ちょうど1年が経ちました。
比べることはできませんが、
どうしても、東日本大震災との差が気になるのです。

確かに、亡くなった方の人数も違うし規模も違います。
津波と原発事故のあるなしというのもあります。
でも、どちらも大地震であり、
亡くなった方の命の尊さに差はありません。
命の重みは、多い少ないではないと思うのです。

ちょうど1年前、なんども大きな余震が続きました。
本震だと思われた地震が余震だったり、
大きな余震が不気味にも北東に移動して行ったり・・

このあと、どうなっちゃうんだと、
誰もが不安な思いでテレビ画面を見ていたはず。

東日本大震災と同様に、
熊本地震も決して風化させてはいけないのです。

亡くなった御霊に哀悼の意を込め、
今この瞬間瞬間を無駄にすることなく、
私たちは大切に生きなければなりません。

被災地に心寄り添い・・
1日も早い復旧復興を願わなければなりません。

会社にある神棚に、これからも毎日心を込め、
東北と熊本の復旧復興も祈念していこうと思う。

願いは叶うと信じて。


tani

> /body>