2016.06.30 夏越の祓
今日は6月30日で、
今年もちょうど半分が終わったことになります。
6月最後のこの日は「夏越(なごし)の祓」です。

仕事の途中でしたが、
近くを通った神社に立ち寄りました。

IMG_0834_convert_20160630230356.jpg

私たちは、気が付かないうちに、
たくさんの過ちや小さな罪をおかします。

動植物の命をいただき、公園の草を踏みしめ歩き。
車を運転しながら排ガスを排出し、
日が沈むと原発に頼った電気で灯りを点します。

時には、他の人に嫉妬する気持ちが湧くこともあるでしょう。
時には、妻や夫に対して冷たく接してしまうこともあるでしょう。
時には、ゴミを見つけても拾わないことだってあることでしょう。

知らず知らずのうちに、
私たちの心身は、
少しずつ穢れていくのかもしれません。
穢れの全くないという人はいませんよね。

人間というものは、
きっとそういう生きものなのかもしれません。
そこで大切なことは、
そのことを自覚して心身を清めるということではないでしょうか。

まさに「大祓の日」がそれで、
6月30日と12月31日の年に2回あります。
今日は全国のたくさんの神社でこの祓が行われ、
半年の間に穢れた自分の心身を祓、
残り半年の無病息災が祈念されました。

これは日本人に古から伝わる文化であり、
とっても大切な日本の心が込められているように感じます。
こういうことを・・本来は幼い子どもたちに、
学校や家庭できちっと教える必要があるように思います。

今年も残り半年。
何気ない日常の些細なことに感謝しつつ・・
無病息災を祈りたいと思う。


tani

> /body>