埼玉県で当時、中学1年生の女の子が誘拐され、
先日、無事に保護された事件。
あまりにも、身勝手な犯行に言葉を失います。

動機などの詳細はこれから明らかになっていき、
それ相当の刑が確定するでしょう。
でも、少女が負った心の深い傷は、
決して、失せることはないでしょう。

2年です。
本当に、よく頑張ったと思います。
まだ幼いその身体で・・
よく、耐えてくれたと胸が痛みます。

保護されてからの父親の会見を見て、
涙が出そうでした。
とっても冷静に、しっかりと、
コメントしていました。
僕なら、号泣していると思う。

娘をしっかり育てていたことがうかがえるし、
とても暖かい素晴らしいご家庭だったのでしょう。

思い出しました・・

数年前、ここ札幌市白石区でも、
当時小学生の女の子が行方不明になり、
事件と事故の両面で捜索し、
数日後、女の子が誘拐されて犯人が逮捕された事件を。

捜索時、たまたま現場付近を車で通りました。
当時は冬で雪が多い年でした。

屋根から落ちた雪溜まりや、
道路脇に高く積まれた雪の上に警察が1列に並び、
細長い棒のようなものを雪に刺して確認していた光景に遭遇。

僕は、涙が止まりませんでした。
車を運転するのが困難になるほどに・・

その時も今回も、
女の子が無事に戻ってきてくれたことだけは、
本当に良かった。

幼い少女を誘拐。
これほど・・・
自分勝手なことはないのではないだろうか。

もう、同じような事件は、
見たくない。


tani

> /body>