2014.08.31 夏の思い出
今日で8月が終わります。
明日から9月、秋本番を向かえます。

暑い夏が大好きな僕は、
北海道の短い夏の終わりに、少し寂しさを覚えます。
夏の暑さもお盆までとは言いますが、
今年は本当に、そんな感じでした。

今年の夏も、お蔭さまで沢山の思い出ができました。

愛犬とモエレ山に登ったり、
家族でニセコにキャンプに行ったり。
オホーツク海でカラフトマスを釣ったり。

仲間とビアガーデンに行ったり、
愛犬仲間と旭川に行ったりと、
どれも、とても楽しい思い出になりました。

僕がまだ幼い頃、夏休みには、
父の実家がある旭川に行ったものです。

農家だった父の実家は、お米を作っていました。
札幌では見ることができない田んぼが広がっていて、
そこには、オタマジャクシやトンボ、
キリギリスにカエルなどのたくさんの虫たちがいました。
僕は夢中で、追いかけて遊んでいました。

遠い微かな記憶ではありますが、
とても懐かしく思い出します。

今年のお盆休みに、妻の実家、小樽に行きました。
長男と次男は都合が悪く、
妻と娘と愛犬と僕で、行ってきました。

妻の実家は、とても長閑なところにあります。
そこは車の音すら聞こえない、凄く静かなところです。
窓からは、日本海を見ることができます。

特に何もすることがない娘と僕は、
居間の隣の部屋で昼寝をしていました。
これが、とても気持ち良い。

僕はトイレに起きまた戻ると・・
愛犬も横になっていた。
凄い格好で。

1408311_convert_20140831231736.jpg

こんな何気なくとても些細な日常も、
娘にとっても愛犬にとっても、懐かしい思い出として、
確かな記憶として、残っていってくれたら嬉しいな。

1408312_convert_20140831231749.jpg

8月最後の夕方の空は・・・
夏の終わりと秋の始まりを感じる、
長閑な空でした。


tani

> /body>