今日で4月も終わりです。
3月11日を境に、時間が止まっているように感じるのは僕だけでしょうか。
でも・・今までと同じように「時間」が流れているのですよね・・。

明日は5月1日「メーデー」です。
労働運動の日でしたね。

先日、パナソニックが4万人を削減するというリストラが発表されました。
4万人です、4万人!
もの凄い人数に驚きです。

三洋電気を買収した際に10万人ほどの増加があり、
重複事業などの整理で約4万人を削減し、
集中投資を加速するようです。

トヨタや日立などと比較して、
余剰感があるという事もひとつの要因になっているとの事。

でも・・
机の上で電卓を叩いて決める事だろうか?
4万人には、それぞれの生活や思いがあります。
海外を中心にリストラを実行するそうですが、
日本じゃないから良いのでしょうか?

それはちょっと違うと思うのです。

企業を継続していく為にあらゆる手段を実行する事は当然です。
ただ、リストラは本当の最終手段ではないかと思うのです。

今回の大震災で岩手、宮城、福島の3県で、
7万人が失業したそうです。
4万人とか7万人とか、想像を絶する人数が動いています。

僕は小さいデザイン会社と印刷会社を営んでいます。
経営者だから偉いとか・・
従業員だから下だとか・・
そんな事は大切な事ではありません。

経営者も社員も一人の人間としての価値は勿論同じであり、
上も下もありません。

会社を良くする為の苦言なら・・
どんどんした方が良いと感じます。
会社を良くするという事は・・
社会に貢献するという事なのですから。


tani


> /body>