2017.11.12 責任感
僕が所属しているある会があります。
その会をまとめる幹事が30人ほどいて、
毎月の例会などを企画し運営しています。

月に1度、幹事会があります。
基本的には、幹事全員が出席し、
会の運営を様々な角度から議論をして運営します。

ところが、いつも参加しない方がいます。
年に1度くらいしか参加しない人もいます。

もし参加できないのなら、
幹事をやめるべきだと僕は思うのです。
何かしらの志があって引き受けているはずですし、
他の方から依頼されてなっている訳ではありません。

幹事としての立場である以上、
やはり、その会に携わる必要があります。
対価はないにしても、
責務はあるのではないでしょうか。
あまりにも、責任感に乏しいと言わざるを得ません。

所属していれば、他の方もその方をあてにしてしまいます。
あてにもされなくなったら、
所属していること自体が、
迷惑にもなってしまうのではないだろうか。

厳しい言い方かもしれませんが、
それくらいの自覚は、
社会人として、
持ち合わせておくべきではないだろうか。

僕は、そう思う。


tani

2017.11.02 酷すぎて・・
もう、何もかもが信じられない凶悪事件。
神奈川県のアパートから9人のバラバラ遺体が発見された事件のこと。

到底、普通の人間のできることではありません。
異常を通り越して、
言葉になりません。

自殺願望の方がSNSで連絡を取り合い、
それを実行に移す。
この世の中、一体どうなっちゃうのだろうか。
前例のないこの事件の背景も、とても気になるところです。

しかし、謎が多い。
こんなことを、1人でできるのだろうか。
真相解明にはまだしばらくかかるとは思いますが、
歴史に残る凶悪事件に違いないでしょう。

自殺願望の方が多いのには、本当にびっくりです。
社会全体が病んでいるのでしょうか。
物資はどんどんと豊かになりますが、
心はとても豊かとは言えません。

ものすごいスピードで時は移ろい、
自分という存在をどこかに忘れてしまうのでしょうか。
豊かになっていく一方で、
大切なものをどこかに置き去りにしているように思えてなりません。

今回の事件は、
時の世相を映り出していると感じてしまうのは、
早合点でしょうか。

あまりに悲しすぎる酷い事件に、
時が止まったように感じます。


tani


2017.10.29 まさか・・
アイサイトの良いところを書いたら、
翌日に不正が発覚です。
やれやれ。。。

日産に続き、スバルもだったとは思いもよらなかった。
むしろ、こういうことにスバルはもっとも縁遠いいメーカーだと、
僕は思っていました。
きっと僕と同じように思っていた方も多いのではないでしょうか。

それだけに、今回の不正発覚は、
正直、ショックです。

30年以上も慣例化になったいたそうですね。
無資格の方が最終検査して、
果たしてどれくらいの頻度で不合格車が出ていたのだろう。
もしかして、ほとんと出ていなかったのではないだろうか。
だとすると、そもそも論になるような気がします。

今の車の検査は、
人間が手作業で一つひとつ目視しながら進めてはいないのではないだろうか。
コンピュータ診断で、その精度も向上していることでしょう。

資格のあるなしで、
その結果にどれくらい違いがあるのだろう。

30年以上も続けて特に問題が起きていなかったとすると、
そもそもこの検査の必要性が、どれくらいあるのだろうか。

国交相は検査に関して抜本的に見直す方針のようですが、
いろんな角度からきっちりと調べ尽くして欲しいと思う。

世界中のスバリストたちは、
ショックだろうな・・


tani

2017.10.18 融雪講も!
先日、本格的な冬に備え、
我が家の融雪溝を点検してもらいました。
なんと!
故障しており修理したら70万!

今年はとても雨量も多く、
大切な機器が壊れてしまったようです。
確かに、すっかり古くなった融雪講。
無理もできません。

新品で100万くらいなので、
約20年使った融雪講を70万かけて、
修理というわけにもいきません。

やれやれ。。

ここ札幌は、
一軒家で暮らすいじょう、
雪の問題はどうしてもあります。

週一のトラックの排雪も可能なのか、
もしくは、やはり融雪講が必要なのか、
家族会議して決めようと思う。

今年は、いろんなものが壊れる年のようです。
僕の車から始まり、会社の機械もそう。
これだけで、
すでに1000万!
そして今回の融雪講。
しかも、最近はiPhoneの調子が悪く・・
諭吉さんが、飛んで行く飛んで行く。

頑張って稼がねば。
(苦笑)


tani

高速道路で駐車し、後ろからトラックに追突され、
夫婦が亡くなった事件。
聞けば聞くほどあまりにも、酷くて・・

まだまだ若い残された娘さんたちが、
可哀想でやり切れません。

パーキングで変なところに駐車していたら、
誰だった腹も立ちますよね。

確かに、注意はしたのでしょう。
どちらかと言うと僕も短気な方なので、
もしかしたら同じような態度をとったかもしれません。

自分勝手な言動は、
本当に腹が立ちます。
ついつい顔に出てしまうこともあるかもしれません。

それにしても・・
追いかけてきて危険行為をし、
無理やり止められた人はどうしようもありません。
しかも、そこは追越車線・
信じられません。

こういう事件が報道されると、
他人に迷惑が及ぶ自分勝手なことを目にしても、
誰も注意をしなくなりますよね。

それが一般化して行くと、
どんな社会になるのか想像すると恐ろしくなります。

自分に甘く人に厳しいのは論外ですが、
自分にも厳しく、人にも厳しくするべき時も、
必ずあると思うのです。

亡くなった方は、
決して帰ってはきません。
犯人には、きっちりと、
人の命の責任を一生涯に背負ってもらいましょう。

それでも・・
残された遺族の悲しみは、
決して癒えることはありません。

あまりにも、
理不尽な事件だと思う。


tani

> /body>