2018.02.24 五輪精神
開催中の平昌オリンピックも、
いよいよ最終章に入ってきました。
残念ながら、僕はリアルタイムでなかなか見れていませんが、
ニュースなどで情報を得ています。

「平昌と日本は時差がないので、
今回のオリンピックはリアルタイムで見る人も多いかな」って、
開催前には思っていました。

深夜に開催された過去のオリンピックでは、
注目競技の翌日は、寝不足の方も多かったと記憶していました。
なので、今回はそのようなことはないだろうと、
勝手に思っていました。

ところがどうでしょう。
競技が深夜に開催されている日々で・・
不思議だなって思っていました。

その謎が溶けました。
そうやら、欧州の放映時間に合わせて、
競技時間が設定されているとのこと。
それは変な話だと思いました。

オリンピックのビジネス化が懸念されている中、
巨額な放映権料の圧力があったのでしょうか。
だとすると・・
あまりにも安易な決断なのではないでしょうか。

競技に打ち込む選手たちのことを、
一体どう思っているのでしょうか。
国を代表してオリンピックに出場するようなその道を極めた人たちは、
私たちにはわからないような微妙な体調管理をしています。

4年に1度のオリンピックに向け、
死に物狂いで努力を重ねてきているのです。
スポンサーよりも、
選手たちのことを第一優先に考え、
物事を決める必要があるのではないでしょうか。

時間に振り回される選手たちが、
とても気の毒に感じます。

2020年には東京オリンピックが開催されます。
この開催では、選手たちのことを真摯に考え、
ベストの体調で競技に望めるような配慮を徹底してほしいと思う。

本来の・・・
オリンピックの精神に立ち返って。


tani

更なる強固な制裁を続け、
核・ミサイル開発の放棄が前提の対話以外、
受け入れない・・

頑なな態度を全く崩さない姿勢の米国と日本。
果たして、このまま進んでいっても良いのでしょうか。

核・ミサイル開発をやめないと、
もっと厳しくいじめるぞ。
一線を超えたら攻撃するぞ。
開発を放棄するなら話し合ってやってもいいぞ。
早く降参して話し合いに応じろ。
俺たちは持っても良いがお前たちには認めん。
つまりは、こういう話です。

北朝鮮が、本当に降参して応じるのでしょうか。
日本はこのまま米国と100%ともにあると突き進み、
本当に、大丈夫なのでしょうか。

核・ミサイル開発放棄が前提の対話以外の、
なにか選択肢はないのでしょうか。

韓国の文在寅大統領のように、
とりあえず対話というのもどうかとは思うが、
今のままの米国・日本の態度なら、
対話はより難しくなるように思います。
簡単に、降参する相手ではないと思うのです。

いきなり、トランプ大統領と金正恩氏が対話できないのなら、
今回の平昌では絶好のチャンスだったのではないだろうか。
金氏の実の妹も米国のペンス副大統領も韓国入りし、
何度か同席しました。
ところが、全く会話も接触も実現しませんでした。

ここはひとつ大人の対応をして、
何かしらの、
対話というものが必要だったのではないだろうか。

確かに、今までの北の対応を踏まえると、
そのまま鵜呑みにはできません。
米国と日本が警戒しているのも理解はできます。
でも、実質ナンバー2の金氏の妹がそこにいたのです。

今回の北朝鮮の訪韓は、
金正恩氏としての、
ある意味ひとつの譲歩だったのではないだろうか。

決して北を庇う思いではなく、
この危機的な脅威を1日も早く解決したいのです。
今回の平昌五輪が、
まさに平和の祭典と後世で語り継がれる大会にと、
願わざるをえません。


tani

2018.02.11 美女応援団
「美女応援団」
このことばを聞くたびに違和感とイラつきを覚えるのは、
僕だけでしょうか。

平昌五輪がいよいよ開幕しました。
開会式は、想像していたよりも素晴らしく、
見応えのある内容だったと思います。

韓国と北朝鮮が一緒に入場したり、
合同チームで出場したりと政治色が確かに強い五輪ではあります。
そのことは一旦棚に上げたとして、
あの「美女応援団」に対するマスメディアの加熱ぶりは、
やめてほしいと強く思います。

「美女応援団」と聞くたびに・・
「だからなに?」って、
正直、思えてなりません。
あまりにも、メディアでちやほや取り上げ過ぎ。

一見、華やかにみえる彼女たちは、
実はとってもかわいそうなことがたくさんあるのではないだろうか。
生まれながらに様々な制限もあり、
自由が認められない生活を強いられているのではないでしょうか。

今回の五輪参加にしても、
北朝鮮首脳部の思惑があるのは明らか。
それに、ただ利用されているとしたら、
悲しく辛いことなのではないでしょうか。

「美女応援団」とカメラで追い回し、
面白おかしく報道するのはやめてほしいと思う。


tani
2018.01.27 第三者提供
凍結卵子の第三者提供という話題を、
ニュースで見ました。
色々な状況がそれぞれにあり、
確かに本当に難しい問題です。

子どもが欲しくても産めない体質の方もいたり、
人それぞれの悩みや課題もあることでしょう。
法的な問題も、日本は抱えています。

政治家でも野田聖子議員が海外で代理母出産をし、
世間を騒がせました。

不妊治療で大変な思いをし、
その気持ちは他の方々には想像はできても、
本当の意味でなかなか理解できないものかもしれません。

凍結卵子の第三者提供。
僕は、懸念を覚えるのです。
確かに、様々な境遇があります。
きっと、十人十色であり人それぞれでしょう。

私たちは、それを受け入れて生きて行くほうが、
もしかしたら良いのかもしれないと思うのです。

子どもを授かるということは、
男と女が愛し合い、
色々なご縁の元、この世に生を受けました。
それは、神のみぞ知る域だと思うのです。

人間の叡智を集結しても、
そこを飛び越えてはいけないと思うのです。

自分の卵子や精子が、
本来の場所ではないところで生まれ生きていくいことは、
神が望むことなのだろうか。
僕には、そう思えないのです。

いろんな意見もあるでしょう。
時代の流れもというものもあります。
僕の意見は間違っているのかもしれません。
でも、正解は、まだ誰にもわからないのです。

いろんな角度から、
この問題も考えていく時期なのではないだろうか。

将来の地球を考える上でも、
とても大切なことなのかもしれません。


tani

2018.01.25 極寒
昨日と今日は、とにかく寒いこちら札幌。
昨日はマイナス10度くらいまで下がりました。
ちょっと外に出ただけでも、
顔も手もぴりぴり。

北海道の喜茂別では、マイナス31度になったようで、
ニュースになっていました。

マイナス10度でも外に出ると本当に辛いのに、
マイナス30度・・・
想像できません。
とくに、僕は寒がりなので、
春の訪れを首を長〜〜く待っているのでした。

今日の夕方、会社へのもどり道、
外気温はマイナス7度でした。
これからまだ下がることでしょう。

IMG_3182_convert_20180125215154.jpg

日中は雪も風も強く、
前の車や信号機が見えなくなることもしばしばでした。
雪国では決して珍しいことでもありませんが、
やっぱりしんどい。

今年は雪がとても少ない札幌でしたが、
このままで終わることはないでしょう。
今夜から明日にかけて、
20cmくらいの積雪が予想されているようです。

明日の朝は、雪かきからスタート決定!
あと1ヶ月くらいの辛抱なので、
ファイト一発行こうぜ、ボク。


tani

> /body>