PB
先週末の土曜日から1泊で、定山渓温泉に行ってきました。
今回は、家族5人+2ワンズの全員が一緒です。

家族全員が土日に1泊は、
そう簡単なことではありません。
1番難しい次男は飲食業界で、基本的に土日の休みは無理。
長男も仕事が不規則です。

姉犬プチョは今年7歳になるし、
長男だって、年頃です。
いつ、結婚・・なんて言い出すかわかりません。

もし仮にそうなったら・・
家族全員で、この家族だけで、
温泉に1泊なんてもう行けないかもしれません。

そう思うと、どうしても、
今回のチャンスにみんなで一緒に行きたかったのです。
それが、叶いました。

もし、誰かが結婚して家族が増えたら、
それはそれで本当に嬉しいし、
みんなで一緒に旅行だって温泉だって行けます。
もしかしたら、孫でもできたら、
また別の楽しみがあります。

でも、プチョ&ゴマも入れたこの家族で、
家族だけで、
もしかしたら最後になるかもしれない、
一生の思い出を作りたかったのです。

とてもとても細やかな思い出ではありますが、
みんなと大切にしたい、
大切にしてほしい思い出になりました。

温泉にゆっくり入ってリフレッシュ。
夕方にはカメラ持参で庭を散歩して、
美味しい夕食をお腹いっぱいみんなで食べて。
夜はみんなで卓球大会。

子供たちも、すっかり大人になりました。
将来が、楽しみだな・・

DSC_4357_convert_20170710234918.jpg

DSC_4358_convert_20170710234939.jpg

宿の庭に咲いていたお花たち。
ソフトに撮影です。

この上ない細やかな幸せに、
感謝。


tani


PB
我が家の愛犬ゴマが、
本日めでたく2歳になりました。
僕はケーキを買って帰宅。
お祝いしてあげました。

IMG_2506_convert_20170705224357.jpg

椅子にじっと座るのはゴマには無理のようで・・
動き回ってすぐに椅子から降りるし、
写真をまともに撮らせてくれません。

そこで、娘に抱きかかえられながら、
無事に撮影です。

IMG_2507_convert_20170705224504.jpg

まだまだやんちゃなゴマは、
やはり家族の中心です。
姉犬プチョにたまに怒られながらも、
最近はめげずにたまに反抗します。

IMG_2512_convert_20170705224435.jpg

この子たちには、
私たち家族がどれだけ元気と癒しをもらっていることか。
とても感謝しています。

プチョは6歳で、だんだんと白い毛も増えてきました。
毎日飲んでる薬の影響もあることとは思いますが、
少しでも長く、こうして一緒に暮らせたら良いなと願っています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゴマ!
2歳の誕生日、おめでとう!!
いつも家族を笑顔にしてくれてありがとう。

思えばファクトリーのペットショップでゴマに一目惚れし、
妻や娘にサプライズで、家族に迎えることを決めました。
すっごくびっくりして喜んでくれたよね。
ママなんか、嬉しくて泣いてたよ。
(苦笑)

いつのまにかトイレも覚えたし、
待て!もきちっと(?)できるし・・
とてもお利口さんになったね。
まだまだやんちゃで良いんだよ。

これからも家族でいろんなところに行って、
楽しい思い出をたくさん作ろうね。

そうそう・・・
舌を出しながら寝るのは、
やめた方が良いと思う。
一応・・
女の子なんだから。
(苦笑)

いつもありがとう。


ゴマパパ

2017.06.26 初挑戦
PB
娘が知人のスタイリストさんに頼まれ、
ヘアメイクのモデルに初挑戦しました。

ヘアメイクのコンテストで、
札幌のチカホでも写真が展示されていました。
WEB投票があり、もちろん僕も投票です。

数ヶ月前から練習もし、
本番の撮影に挑みました。
お陰様で、とっても綺麗に撮って下さいました。

IMG_2458_convert_20170626220313.jpg

100作品以上が出展していましたが、
選ばれると、
知人のスタイリストさんは名誉ある賞をいただけるようです。

お世辞抜きで・・・
結構いい感じだと思いました。

投票は今日まで。
あとは、天にお任せです。

今回の経験で、普段の娘とは違う一面を見ることができ、
僕たち家族にとっても、貴重な機会になりました。
お声をかけていただいたRちゃん、
本当に、ありがとう。

今回のことをFacebookでupしたら、
たくさんの人が応援してくれました。
中には、展示してある写真の写メをプリントして、
わざわざ会社まで届けてくださった方もいました。

何より嬉しかったのは、
娘がすごく喜んでいたこと。
きっと・・・
忘れられない大切な経験と想い出になったと思う。

良かったね!
M!


tani


2017.06.25 趣味の写真
PB
僕は写真が趣味で、プライベートで外出の際に、
たまに撮影をして楽しんでいます。
決して自慢できるレベルではありませんが、
自分の意図した撮影ができると、
やはり嬉しくなります。

以前はリバーサルフィルムでしたが、
今ではデジカメの一眼レフになってしまいました。

どちらもメリットとデメリットがありますが、
やはり、フィルムの方が1枚1枚に込める特別な思いが強く、
味がある写真になるような気がします。

リバーサルフィルムの場合、
フィルムを現像してライトテーブルで1枚1枚を確認し、
一番のお気に入りをプリントすることになります。

そのプリントの際に、
どうしても、若干の色の変化があります。
出来上がったプリントを吟味し、
少し赤味を強くとか青味を強くなどをラボに指示。
丁寧に手焼きして仕上げてもらいます。
この工程も、実はとても好きな作業でした。

デジタルに変わってからは、
どんな修正も簡単にパソコンでできるようになりました。
極端な話、色を全く変えたり、
あるものを削除したり合成したり・・
なんでも、ありの状況です。

でも、僕なりのこだわりというのがあって、
それは、一切、修正はしないということです。
ただ、フィルム時代からそうですが、
意図してフィルターは今でも使っています。

知れば知るほどカメラも奥が深く、
難しくもあり面白いな〜と思っています。

デジタルのプリントも、
フィルム同様に色の変化がおきます。
実際のデータ通りにプリントされることは、
まず無いと言っても過言ではありません。

なので、今でもテストプリントを依頼し、
実データと見比べて補正をしてもらうことにしています。

IMG_2469_convert_20170625164614.jpg

先日、頼んでいたテストプリントが出来上がって来ました。
じっくり確認し、意図した色をどう再現するかを検討。
本番環境のプリントを依頼しました。

出来上がってくるまでドキドキワクワクではありますが、
これは、デジタルに変わった今でも、
変わらない楽しみのひとつかな。


tani


2017.06.05 命の日
PB
今日、6月5日は、母方の祖母の命日でした。
今日の午前中に近くに行く用事を作っていたので、
予定通りにお墓参りに立ち寄りました。

お陰様で天気もよく暖かくて、
穏やかな墓参になりました。

IMG_2375_convert_20170605222025.jpg

僕の母は父の会社を手伝っていたので、
同居していた母方の祖父母に育てられたようなものです。
実際に、そう思っています。

実は祖父母には、長男がいます。
僕の伯父さんになりますが、
若くから関東で暮らしていました。

本来なら長男である伯父さんのところに、
両親である僕の祖父母は行くことが一般的です。
ところが、母が結婚する時、
どうしても、両親(僕の祖父母)と暮らしたいと頼み、
一緒に暮らすことになりました。

僕が二十歳の時、
祖母が脳血栓で倒れました。
緊急入院し少しだけ回復したものの・・
話ができる状況にはなりませんでした。

入院当初は意識はあり、
わずかに感情を表現していました。
ところが病状が進行し・・・
全く反応がしない状態がしばらく続きました。

それから1年くらい経った頃だろうか、
突然容態が悪化し、
亡くなることになります。

僕は残念ながら・・
その場で看取ってあげられませんでした。
とっても、後悔しています。

今でも、度々思い出します。
とっても穏やかで、
相手の気持ちを理解できる優しい方でした。

お腹が痛い時には、
静かに優しく背中を撫でてくれました。
そして歯が痛い時には、
膝枕をして患部のあたりを撫でてくれました。

これが、本当に不思議と、
よく治ったものです。

手当というやつでしょうか。

IMG_2374_convert_20170605221943.jpg

このお墓には、
祖父の両親も眠っています。
僕から見ると、四代前の方になります。
大切に、このお墓も守っていくつもりです。

今でも、あの優しい心で・・
全てを包んでくれているように、
見守ってくれているように思うのです。


tani

> /body>